2018年7月10日火曜日

みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会  ~FUJIサポートライダー 寺澤光介選手 レースレポート~


2018年7月1日開催されました24回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会 においてFUJIサポートライダーの寺澤 光介選手が3位となり10月に開催されます福井国体の岩手県代表に選出されました。レースレポートをご紹介します。

日時:2018年7月1()
開催地:宮城県七ヶ浜町
天候:晴れ
距離:オリンピックディスタンス(S1500m,B40km,R10km
スポンサー:佐藤興業株式会社
使用機材:バイクFUJI SL ELITE

リザルト
1位 ヤヤヌススターフンバーグ 2:05:40
2位 渡邊優介 2:06:45
3位 寺澤光介 2:07:22

 
 
目標:国民体育大会(岩手県代表)の権利を獲得し、総合で優勝する。
 
SWIM 0:21:54 (2)
750m×2周回。250m直進し防波堤を越え第1ブイを90°右折150m直進し第2ブイを90°右折し浜に戻ってくるコース。比較的波は穏やかだったが防波堤より沖側はうねっていた。最前列の右イン側からスタート。最初は選手の後ろに付いたが、100mで抜いて先頭を泳ぐ。ウェットスーツ着用だったのでいつもより大きく泳ぐことを意識し防波堤を越えて波が高くなってもリズムは崩さずに泳いだ。そのまま先頭で逃げるつもりだったが、1周目残り100mくらいで上手く力が入らなくなる。1度浜に上がって2周目に入るところで選手に抜かされる。その選手の左側に付いて泳いだ。そして、100m進んだところで今度は波酔いをしだした。徐々に酔いが酷くなってさらに力が入らなくなってしまった。防波堤を越えた辺りから後ろのウェーブの選手に追いつき始め第1ブイを回ってからはかなり多くの選手がいた。そこからは先頭の選手に付いて、多くの選手の流れを利用しながら、泳ぎが小さくならないようにする事だけを考えて泳いだ。なんとか、浜にたどり着きスイム終了。
 
BIKE 1:08:50 (10)   1:30:44 (2)
ノンドラフティングで往復13.4km×3周回。アップダウンが片道に2ヶ所(往復で4ヶ所)あるコースだった。1ヶ所目は長くはなかったが2ヶ所目は1km上って1km下る坂だった。バイクに乗車した時には酔いは治まっていたがなんとなく力が入らない。最初のアップダウンを越えて平坦コースに入り、まだ選手が20秒程前にいたので踏み直して追いつこうとしたが上手く踏めなかった。2ヶ所目の坂に入りシッティングで上る。まだ先頭選手が見えていた。下りに入り折り返し地点が近くなり先頭との差を確認し、少し差が広がっていた。折り返して下ってきた坂を再び上る。上りでは追いついている先頭に追いついている感覚があったのでポジティブに追いかける。感覚通り確実に上りでは差が縮んでいた。しかし、その後、下りに入り平坦が続くコースで再び差が開く。そこで先頭選手が速いと分かっていたが下りと平坦が全く踏めなかった。1周目が終わり先頭とは40秒差、後続選手とは1分以上差があった。2周目に入りジェルを1本補給。踏めていなかったが、集中はまだ切れていなかったので上りはシッティング、頂上付近でダンシングと使い分けて漕いだ。2周目も変わらず下りと平坦は踏めず、3周目に入る時には先頭と1分20秒差、後続の選手もかなり差が縮まっていた。3周目になり少し集中が切れてきて上りも踏めなくなりダンシングの時間も増えた。折り返し地点で後続の選手3名くらいがすぐ後ろまで来ていたがなんとかバイクは逃げ切ったが先頭から2分程差が開いてバイク終了。
 
RUN 0:36:38
往復2.5km×4周回。アップダウンの激しいコースで気温、湿度共に高かった。切り替えろ切り替えろと何度も言い聞かせながら走る。沿道の応援から後続の選手は20秒も差は無いと感じた。スイム、バイクは不調ではあったがランは2種目から比べると走れている感覚があり、上りもピッチだけの走りではなくしっかりと地面を押しながら走れていた。1km程でジェルを1本補給。折り返して直ぐに選手に抜かされる。その後ろも1分は差がなかった。徐々に2位の選手と差が開く。2周目に入り周回遅れだがペースがちょうど良い選手がいたのでその選手と交代しながら前を追う。そこから2、3周目は2位の選手とは1周目に付いた差が開かなかった。後続の選手は潰れて離れて行くので前との勝負だけになった。3周目の後半で一緒に走っていた選手が千切れて行く。3周目の終わりで先頭のペースは落ちていたがこのまま逃げ切ると感じたが、2位選手はまだ捕らえれる差だった。4周目で切り替えてペースを上げるがなかなか縮まらない。折り返し地点で2、3周目との差よりも少し開いていた。そのペースを維持するので精一杯だったが2位の選手はペースが上がり3位でフィニッシュした。


まとめ
目標である総合優勝には届かなかったが、レースに出る目的である国体の権利は獲得できた。今回、調整はほぼせずにレースに挑んだが思っていたより疲労が溜まっていた。しかし、その中でもランは切り替えて走れたので収穫はあった。気温、湿度共に高いタフなコンディション、日陰が少なく、アップダウンがあるタフなコースで最低限の走りができたのは自信に繋がった。
次は今週末アジアカップ高松である。七ヶ浜のレースの後に内臓疲労が強く、身体へのダメージはあったが回復してきているので、当日はベストコンディションで迎えられるようにコンディショニングして行きたい。アジアカップ高松はスプリントディスタンスになる。ITUポイント獲得を目指す。

みなと酒田トライアスロンおしんレース~FUJIライダー 長谷川 健選手 レースレポート~


2018年6月24日に開催されました みなと酒田トライアスロンおしんレース(東北選手権、山形県国体予選) においてFUJIライダーの長谷川 健選手が山側選手権で2位となり10月に開催されます福井国体の岩手県代表に選出されました。レースレポートをご紹介します。


日時    2018624
開催地  :山形県酒田市
天気    :晴れ27度、水温20
距離    :スイム1.5km、バイク40km、ラン10km
使用機材:バイク FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO

リザルト総合5位 20758(スイム2140、バイク10702、ラン3916)
東北選手権4
山形県選手権2



スイム  2140(6)
コースは750m×2周で、周回時に一度砂浜に上陸します。テトラポッド内を泳ぐので比較的穏やかです。スタート合図に集中し、出遅れること無く泳ぎだします。徐々にインコースに寄っていき、第1パックの最後尾に入ります。ブイ後の加速で少し遅れてしまい、単独泳になりますが、50m前に見える集団から離されないように粘ります。トップから1分差でフィニッシュし、バイクでの追い上げに切り替えます。
 
バイク 10702(12)
コースは13km×3周で、フラットですがコーナーや折返しが多くテクニカルです。いかに減速を少なくペースをキープするかがポイントになります。天気予報では次第に南風が強くなる予報でした。コーナーでの転倒には気をつけながら、出来るだけDHポジションをキープするように意識します。最終周は予報通り強風に苦しみますが、給水と補給を怠らないようにしながら次のランに備えます。
バイク終了時 5位通過

ラン 3916(6位)
コースは3.3km×3周でフラットです。ランスタート時には日差しが強く暑くなっていました。後半まで粘り切ることが大切だと考え、前半は動きの確認をしながら抑え目に入ります。国体代表になるためには、山形県選手2位以内になる事が必要です。スタート時は3位だったので、前との差を確認しながら徐々に詰めていきます。7km地点で2位に上がる事が出来て、残りも集中して走りました。
今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。山形県国体予選2位の結果で、10月福井国体の山形県代表に内定しました。まだまだ3種目とも改善点が多いので、本番に向けて調整していきます。県代表として恥じない走りが出来るよう、夏場のトレーニングを頑張ります。また応援のほど宜しくお願い致します。

NISSAN CUP 神奈川トライアスロン大会 ~FUJIサポートライダー 井上賢吾選手 レースレポート~


2018年6月17日開催されましたトライアスロン神奈川選手権においてFUJIサポートライダーの井上 賢吾選手が準優勝となり10月に開催されます福井国体の代表に選出されました。レースレポートをご紹介します。

日時:2018617()
開催地: 神奈川県横須賀市浦郷沖水域及び夏島町 日産自動車追浜工場内特設コース
水温:20.4℃
気温:24℃
天候:曇り時々晴れ
使用機材:2018 TRANSONIC 1.1

リザルト
優勝 榊原 利基 2:01:38
2位 井上 賢吾 2:02:50
3位 肥後 巧   2:03:25



 <大会目標・目的>

今回の目標は優勝し、福井国体の神奈川県代表に選出されることでした。今大会は10月に開催される福井国体の選考レースであり、代表に選出されるためには、2位以内でフィニッシュすることが条件になります。そのため、例年の倍以上の選手が参加し、レベルも高くなることが予想されました。ただその中でも優勝し、神奈川県の代表になることを目標にレースに臨みました。
 
SWIM: 19'06(6)
水温が低いことを予想し入念にアップをした事で動きはスムーズでした。また普段のレースよりも人数が少ない事もあり、自分のペースで泳げました。結果として予想していた位置でスイムを終え、バイクパートへ移ります。
 
BIKE: 1'09'20(14)
バイクパートの前半は23人でなんとか回していましたが、ペースが上がらず苦しい時間が続きました。先頭との差も開きつつありましたが、後半は後ろからの大きな集団と合流。先頭と2分差でバイクを終えます。
 
RUN:34'24(1)
バイクが終わった時点で2分差であれば巻き返せると予想はしていました。ただそれは自身が非常に良い走りをした場合。とにかく「2位以内に入る」と言い聞かせを全力で走りました。最後の周回に入る直前で2位と30秒差。残り2km地点で2位に上がり、そのままフィニッシュ。
 
TOTAL:2'02'50 2
今回優勝はできませんでしたが、福井国体の神奈川代表を獲得することができました。ひとまず最低限の目標は達成をできたことに、自らの成長を感じられました。しかし、国体の本戦で戦う際にはスイム・バイクの強化が重要であると感じました。この夏はそれらの課題を一つ一つクリアしていき、自分の中に良い変化を生み出しながらトレーニングに励んでいきたいと思います。
 
引き続き、福井国体・日本選手権での上位入賞を目標にトレーニングに励んでまいりますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます。

2018年7月4日水曜日

三重県選手権大会トラックレース ~FUJIサポートライダー 桂川洋一選手 レースレポート~

 2018年6月24日(日)に開始された三重県選手権大会トラックレースに出場した桂川 洋一選手からレポートが届きましたのでご紹介します。

今回の記録は昨年勝者のタイムを上回り全日本選手権パラトラックで優勝を狙える好記録となっており、今後の活躍を大いに予感させられた結果になっております。




日時:624() 8:00
場所:四日市競輪場
参加種目:200mFTT1kmTT
参加クラス:オープン
サポート機材:FUJIトラックエリートフレームセット
使用ホイール:練習用36H手組ホイール
所属:TeamELMO
天候:雨のち晴れ

 
三重県選手権は、三重県在住者の成年、少年の部と45歳以上のマスターズ、それ以外のオープンの部で行われ、自分は三重県在住ではないため、オープンの部に参加しました。

少し雨が降るなかバンクでウォーミングアップを開始。アップではハロンの駆けおろしポイントとコーナリング中の目線を重点に確認。いつも度入りサングラスをかけているのですが、サングラスのフレームが視界に入り白線をトレースしにくかったので、今回はサングラスを外して走行してみました。少し視界はボヤけるけど、白線はしっかり確認でき、コーナリングが安定するので外して走ることにしました。

今回の目標タイムは先週の大会と同様、200mFTT:11秒台、1kmTT:113秒台に設定。

200mFTTの招集を行い、いざスタートラインへ 深呼吸をして気持ちを落ち着かせてスタートしました。いつもより10mほど早駆けした方が高い速度で計測ラインを通過できる感じがしたので、思いきって早駆けしてみました。それが良かったのかタイムは1206と自己ベスト更新!!目標の11秒台まであと少し!!

1kmTTは、3人の時差発送で行われ、自分は3番目。力み過ぎないよう少しリラックスしてスタートふらつきもなく安定したスタートがきれ、そのままトップスピードまで加速していく。1周目のバックストレートで前の選手が視界に入り追いかける。2周目のホームストレートで追い付いたため、コーナー外側を周り追い抜き、後はひたすら耐えてゴール。タイムは 11499とギリギリ14秒台。走り的にはそんなに悪くない感じがしたけど、思ったよりタイムが伸びませんでした。

最終結果は、オープンの部で200mFTT,1kmTT共に優勝することができました!!

ただ、1kmTTのタイムが伸び悩んでいるので、トレーニング内容を見直してタイムアップできるよう日々努力していきます。



2018年6月28日木曜日

2019年モデル JARI シリーズ 先行発売のお知らせ

FUJI 2019年モデルとして「JARI」シリーズに従来のアルミ仕様に待望のクロモリ仕様が加わり、4モデルのラインナップで先行発売しますので、お知らせいたします。


2019 JARI Series  Size : 46 / 49 / 52 / 54 / 56cm


* 先行予約開始  2018628
* 発売開始時期  20188月中旬(JARI 1.1のみ9月中旬以降) 



 FUJI
のアドベンチャーロード「JARI」。2019年モデルは新たに4モデルのラインナップとなってリリース。
JARI
はその名の通り日本語の砂利から取ったもの。製品化するまでに6種類のプロトタイプを試作してテストを繰り返した思い入れの強いモデルである。


1.11.5グレードはフレーム、フォークが全くの同スペックで、フレーム素材は剛性の高いA6-SLを採用している。最上位グレードの1.1はシマノ新型105の油圧ディスクブレーキ仕様、1.3グレードはSRAM APEXの1×仕様、1.5グレードはシマノTiagraコンポのエントリーグレード仕様となっている。

2019年より新たにクロモリ仕様の2.3グレードが待望のラインナップ。クロモリならではの耐久性、振動吸収性の高さを生かしてダート走行のようにラフなシチュエーションでより高い性能を発揮する。一般的にクロモリフレームはその素材の性格上、振動吸収性に優れる一方で剛性はアルミに比べると低くなりがちだが、JARIはテーパーヘッド化することでヘッド周りを中心に剛性を上げ、加えて正確なコーナリングを可能にしている。近年、本場のトレンドの中心には、そのタフさからクロモリが用いられるとこも少なくない。2.3グレードはReynolds520のダブルバテッドチューブを使用し剛性を保ちつつ、その耐久性や積載性を踏まえるとツーリングに特化したモデルといっても過言ではない。デイリーユースはもちろん、これからツーリングを始めたい、そんな人に強くおすすめしたいモデルである。
 


ADVENTURE ROAD


グラベルロードよりも高い未舗装路での運動性能とプラットフォームの拡張性が要求されるカテゴリー、アドベンチャーロード。今まで走行性能と実用性を兼ね備えたロードバイクというものが存在しなかったが、その両立を図るべく開発されたのがJARI。バイクパッキングなどのロングツーリングからアグレッシブな未舗装路の走行を想定したこのモデルには、優れたバイクコントロール性や快適性はもちろんのこと、あったら良いなという便利な機能が満載。





PERFORMANCE


ゼロベースで開発されたプラットフォームに与えたかった要素は、優れた振動吸収性と巡航性能。フルカーボンフォークに独自のシートステー、そして長く取られたホイールベースなどでその両立を実現。ジオメトリーは他のFUJIのグラベル系と違って長距離走行に重点を置いたエンデュランスタイプを採用。これらの特徴から長時間の走行も難なくこなせるライドフィールをもたらすと同時に、荷物積載時の安定したバイクコントロールも実現。ワイドブロックタイヤを履けば悪路が続くトレイルも難なく走行が可能で、またロードタイヤを履いて舗装路での機動性を重視する仕様にも対応できる

FEATURE

01.リアエンドは強靭な6066番を使用して、軽量化を狙ってメイントライアングル部分は振動吸収性に長けた6061番を使用した前後異素材のミックスアルミフレームを採用、チューブ形状は部分的に振動吸収力を上げたり剛性を上げたりと必要に応じて味付けが施されている。ジオメトリーはヘッドチューブとシートチューブアングルは安定した速度維持をもたらすべく設定され、特に低く設計されたBBハイトは低重心化を実現、ロングホイールベースと相まって優れた巡航性能をもたらす。435mmと長く取られたチェーンステーはバイクの挙動を安定させるだけでなく45mm幅のタイヤ装着をも可能にする(650Bホイールに換装する場合は47cまで対応) 緩いカーブを見せるSeatedシートステーは優れた振動吸収性をもたらし、BB規格は敢えてBSAタイプにすることにより出先でのトラブルを高い確率で解決することが可能。ディスクブレーキはフラットマウント対応となっている。

02.シフトケーブルとリアブレーキケーブルはダウンチューブに内蔵され、外的ダメージからケーブルを守ると同時にあらゆるバイクバッグの装着を可能にする。シフトケーブルはヘッドチューブで交差するルーティングで、フレームに対するケーブルの擦りや万が一の時のケーブルの突っ張りを防ぐ役割を果たすと同時に、ケーブルが大きくカーブするのでハウジング内のフリクション低減や、ハウジングのテンションを利用した直進安定性の向上という効果もある。

03.5つのボトルケージの装着を可能にし、トップチューブ上面には様々なストレージをボルトオンで固定するマウントも追加。前後キャリアの取り付けが可能なマウントも標準装備。ロングツーリングでの不安を解消する十分な積載性能となっている。


04.バイクパッキングでも走行不能なエリアに遭遇して長い距離を担ぐのも稀ではないので、2mmの厚さのシリコンパッドをトップチューブ下に標準装備してライダーの肩への負担の軽減を狙った。


05. 基本的に前後ホイールとも12mmスルーアクセルでマウントするタイプだが、トレーナーの使用などを考慮してリアのみQRとのコンパチ使用となっている。

06.フォークはブレーキケーブル内蔵型のフルカーボン仕様となっており、障害物の接触による転倒を未然に防ぐ。また、2018年モデルよりフォークブレード側面にボトルケージやラックなどをマウントできるUtility mountが新たに追加。利便性がさらに向上。

07.ハンドルにはこのバイクのために特別に作られたOVALのアドベンチャーバーを採用。ライダーの手首の角度を最適化しドロップ部分をより有効的にする為に一般的なロードタイプより20mm幅が広く、125mmドロップ、4度バックスウィープ、25度アウトスウィープ仕様となっており未舗装路でのバイクコントロール性が向上。

08.タイヤにPanaracerのグラベルキングを採用。衝撃吸収性はもちろん、その軽さと耐久性が魅力で長距離走行でも疲れにくい仕様になっている。


以下、4モデルの画像とスペックになります。


JARI 1.1
 

SHIMANO 105 完成車

¥ 280,000(税抜)

Color : Dark Gold




Sizes: 46cm / 49cm  / 52cm / 54cm / 56cm
Color(s): DARK GOLD

Frame: A6-SL Super-Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout  
Fork: FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer, rack/water bottle mounts 
Crankset: FSA Omega Adventure BB386 EVO, 46/30T 
Bottom Bracket: FSA BB386 EVO sealed-BSA thread  
Front Derailleur: Shimano 105, 34.9mm clamp 
Rear Derailleur: Shimano 105 GS
Shifters: Shimano 105 STI Hydraulic Disc, 11-speed
Cassette: Shimano 105, 11-34T 
Chain: KMC X11 
Wheelset: WTB KOM Light i23 TCS 2.0 , 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs  
Brakeset: Shimano 105 Hydraulic Disc 160mm rotors
Brake Levers: Shimano 105 STI Hydraulic Disc 
Headset: FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
Handlebar: Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
Stem: Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
Tape: Oval Concepts 300 bar tape, suede
Saddle: Oval Concepts X38 with pressure relief zone, cromo rail
Seatpost: Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter
Weight: 9.52 kg




JARI 1.3

SRAM APEX完成車

¥ 189,000(税抜)

Color : Matte Navy Blue



 

Sizes: 46cm / 49cm  / 52cm / 54cm / 56cm
Color(s): Matte Navy Blue
Frame: A6-SL Super-Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout  
Fork: FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer, rack/water bottle mounts 
Crankset: FSA Omega Adventure BB386 EVO, 40T 
Bottom Bracket: FSA BB386 EVO sealed-BSA thread    
Rear Derailleur: SRAM Apex 1X, long cage
Shifters: SRAM Apex 1X, 11-speed  
Cassette: SRAM PG1130, 11-42T 
Chain: KMC X11EL-1   
Wheelset: WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs 
Tires: Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c
Brakeset: Tektro MD-C550 mechanical disc, 160mm rotors
Brake Levers: SRAM Apex 1X 
Headset: FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
Handlebar: Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
Stem: Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
Tape: Oval Concepts 300 bar tape, suede
Saddle: Oval Concepts 438, steel rail 
Seatpost: Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter
Weight: 10.08 kg


JARI 1.5

SHIMANO TIAGRA完成車

¥ 165,000(税抜)

Color : Matte Deep Green

Sizes: 46cm / 49cm  / 52cm / 54cm / 56cm
Color(s): Matte Deep Green 
Frame: A6-SL Super-Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout  
Fork: FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer, rack/water bottle mounts 
Crankset: FSA Tempo Adventure, 46/30T 
Bottom Bracket: FSA sealed-BSA thread  
Front Derailleur: Shimano Tiagra, 34.9mm clamp
Rear Derailleur: Shimano Tiagra GS, 10-speed 
Shifters: Shimano Tiagra STI, 10-speed 
Cassette: Shimano HG500, 11-34T, 10-speed 
Chain: KMC X10  
Wheelset: WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs 
Tires: Panaracer Gravelking SK Sport, 700 x 38c
Brakeset: Tektro Lyra mechanical disc, 160mm rotors
Brake Levers: Shimano Tiagra STI 
Headset: FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
Handlebar: Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
Stem: Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
Tape: Oval Concepts 300 bar tape, suede
Saddle: Oval Concepts 238, steel rail 
Seatpost: Oval Concepts, 6061 alloy, 27.2mm diameter
Weight: 10.54 kg


JARI 2.3 

SHIMANO SORA完成車

¥ 120,000(税抜)

Color : Dark Green


Sizes: 46cm / 49cm  / 52cm / 54cm / 56cm
Color(s): Dark Green
Frame: Reynolds 520 chromoly, rack & fender mounts, Triple bottle mount, Flat mount disc, top tube bento box mount
Fork: Chromoly w/ 1 1/8” - 1 1/2” tapered steerer, flat mount disc, low-rider water bottle and rack mounts
Crankset: Alloy, 44/28T 
Bottom Bracket: FSA sealed-BSA thread    
Front Derailleur: Shimano Sora 
Rear Derailleur: Shimano Alivio 
Shifters: Shimano Sora STI, 9-speed 
Cassette: Shimano HG200, 12-36T
Chain: KMC X9 
Wheelset: WTB SX19, 32/32h, quick release sealed hubs
Tires: Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c
Brakeset: Tektro Mira mechanical disc, 160mm rotors 
Brake Levers: Shimano Sora STI
Headset: FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
Handlebar: Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
Stem: Alloy, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
Tape: Oval Concepts 300 bar tape, suede
Saddle: Oval Concepts 238, steel rail 
Seatpost: 6061 alloy, 27.2mm diameter
Weight:: 12.98 kg
*詳しくはお近くのFUJI正規取扱販売店までお問い合わせください