2018年2月21日水曜日

雑誌掲載のお知らせ(ロードバイクベストバイ2018)

2018年1月31日発売の雑誌「ロードバイクベストバイ2018」(八重洲出版)においてFUJIのバイクが掲載されましたので、お知らせいたします。

同誌では、全国350店のプロショップ店長にアンケートを実施し、選ばれた2018年モデルのロードバイクベストバイ140台を一挙紹介。「これを読めば、ユーザーの価格&目的別で買うべきロードバイクがきっと見つかる!」とアピールされています。

FUJIのバイクは、エントリーモデルのツーリング向けセレクトとしてJARI 1.5が紹介されました。



誌面で紹介されたモデルはこちら。

JARI 1.5 Link → スペック等詳細
JARI 1.5はSRAM APEX仕様で、1.1同様1xドライブトレーン仕様となっており、グラベルロードやシクロクロスに比べギア比が若干軽く設定されて悪路の走破を容易にしている。WTB SX19ホイールにClement X’Plor USHの35cタイヤをセット。メカニカルディスクブレーキ仕様でTRP Spyreを搭載。対抗ピストン仕様で軽量かつ十分な制動力を持つメカニカルブレーキ好きには定番のブレーキ。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Silver



*誌面の詳細については書店にて「ロードバイクベストバイ2018」をお買い求めの上ご覧ください。

雑誌掲載のお知らせ(BiCYCLE CLUB)

2018年2月20日発売の雑誌「BiCYCLE CLUB」2018年4月号 No.396(枻出版社)においてFUJIのバイクが掲載されましたので、お知らせいたします。

今号の大特集は「カンタン自転車筋トレ」。ロードバイクに乗るのに必要な筋肉は、バイクに乗るだけでは身に着かない。シーズンイン直前のこの季節に、しっかり筋トレをして準備をしておきたい。だが筋トレというとストイックで単調なイメージが先行する。部屋のなかでひたすら同じ動きを繰り返す筋トレではなく、もっと簡単で楽しい筋トレならやってみたい。そんな「ずぼらアスリート」のための、寝る前たった5分でできる筋トレ集です。

FUJIのバイクは第2特集「CUSTOM YOUR BICYCLE!!」において、FUJIのカラーオーダーシステム「REMIX」でデザインされたTRANSONICが掲載されました。


ベース車体はこちら。

TRANSONIC 1.1 Link → スペック等詳細
発売開始から3 年が経ち、各部のアップデートが施され成熟を迎えたFUJI のスピードキング。エアロロードならではのシルキーかつ地を這うような乗り味は多くの欧米専門誌に取り上げられ、ほとんどのエアロロードが荒れた路面を苦手とするのに対してTRANSONIC の優れた路面追随性能はそれをチャンスに変えることができると評価。長めに取られたホイールベースは直進安定性を高めて、深い全景姿勢を可能にするジオメトリーによる低重心化によって優れた高速巡航性を獲得。また、これらの特性はコーナリング時においてもライダーに安心感を与えることでそのスピードアップが見込める。そして何と言ってもライダーが限界に挑戦することが出来るコストパフォーマンスの高さもポイント。


こちらは超軽量フラッグシップの性能を受け継いたミドルレンジロードバイク SL 3.1のインプレッション記事。「安定感のある踏み心地でコーナーもバッチリ決まる」と紹介されました。


紹介されたバイクはこちら。

SL 3.1 Link → スペック等詳細
軽量カーボンロードSLのシマノ新型アルテグラ を搭載した完成車パッケージ。フレームはC5ハイモジュラスカーボンフレーム仕様だがチェーンステートからBB、ダウンチューブにかけての剛性は上位機種の1.1に匹敵し、優れた加速性能をもたらす。ライドフィールはSL 1.1に比べて振動吸収性が高くコンペティションはもちろんのことエンデュランスにも適している。特にFC-440フルカーボンフォークは振動吸収性と路面追随性能が高い一方で、高速コーナーの安定性も高次元で実現する剛性を併せ持つ。多数採用するOVAL CONCEPTS パーツの中でもチェーンリングは冷間鍛造製法で作られており、変速性能はもとより耐久性、剛性の高さに定評がある。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Pewter


*誌面の詳細については書店にて「BiCYCLE CLUB」2018年4月号 No.396をお買い求めの上ご覧ください。

2018年2月9日金曜日

イベント出展のお知らせ(名古屋サイクルトレンド2018)

2月24日(土)・25日(日)に愛知県名古屋市で開催される「名古屋サイクルトレンド2018」にブース出展しますので、お知らせいたします。



今回で5回目となる同イベントには、世界各国の有名スポーツサイクルブランドが出展し、ロードバイク・マウンテンバイク・ミニベロなど多数の試乗が用意されます。また、中京地区の有名プロショップも出展し、その場で買い物も楽しめるので、これからスポーツサイクルライフをはじめるエントリーユーザーは会場で行きつけのお店を見つけるチャンス。コアユーザーには自治体やイベントのブースもおすすめ。スポーツサイクルで走りに行きたくなる場所や参加したくなるイベントの情報が盛りだくさんです。

日 時:2018年2月24日(土)〜25日(日)10:00~17:00(雨天決行)
会 場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場) *Link → アクセス
入場料:前売:大人2,000円 小学生500円、当日:大人2,300円 小学生800円
主 催:サイクルトレンド実行委員会
併 催:NAGOYAオートトレンド2018
*Link → 名古屋サイクルトレンド 公式サイト


会期中FUJIブースにご用意する試乗車は以下のとおりです。2017年アジアロードレースランキング1位のTEAM UKYOが使用する同型の軽量モデル「SL3.1」や、エアロロード「TRANSONIC2.5」、アルミロードの「ROUBAIX」に加え、ライフスタイルモデルについては、街を軽快に走れるロードバイク「NAOMI」の女性に乗りやすいサイズをご用意し、その他クロスバイクなどを含め計7台の試乗車にお乗りいただけます。また当日はFUJIオリジナルグッズの販売も行っております。ぜひFUJIブースへお越しください。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

SL 3.1 Link → スペック等詳細
軽量カーボンロードSLのシマノ新型アルテグラ を搭載した完成車パッケージ。フレームはC5ハイモジュラスカーボンフレーム仕様だがチェーンステートからBB、ダウンチューブにかけての剛性は上位機種の1.1に匹敵し、優れた加速性能をもたらす。ライドフィールはSL 1.1に比べて振動吸収性が高くコンペティションはもちろんのことエンデュランスにも適している。特にFC-440フルカーボンフォークは振動吸収性と路面追随性能が高い一方で、高速コーナーの安定性も高次元で実現する剛性を併せ持つ。多数採用するOVAL CONCEPTS パーツの中でもチェーンリングは冷間鍛造製法で作られており、変速性能はもとより耐久性、剛性の高さに定評がある。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Pewter

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Pewter


TRANSONIC 2.5 Link → スペック等詳細
シマノ105完成車グレードとなる2.5はC5ハイモジュラスカーボンとFC-440フォークを採用。上位グレードの1.1とプラットフォームを共有することでそのハイレベルな空力特性を継承。また、フレーム各部の剛性値においても1.1と同等で、基本性能を維持しながら優れたコストパフォーマンスとクラスを超えた軽さを実現。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Carbon/Silver

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Silver


ROUBAIX 1.3 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロード。2017年のモデルチェンジによってこれまでよりキレのあるライドフィールが特徴的。軽量カーボンロードSLと同じジオメトリーとBB規格が採用され、そのポテンシャルにさらなる磨きをかけた。クラストップレベルの軽さを誇るフレーム重量はカスタム次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。上位モデルとなる1.3はSHIMANO105仕様。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Black/Yellow, Matte Black/Red, Metallic Red/Black

試乗車Sizes:54cm、試乗車Color(s):Matte Black/Yellow


ROUBAIX 1.5 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロードのTiagra完成車仕様。上位グレードの1.3と全く同様のフレームスペックとフルカーボンフォークが採用されており、コンポーネントのグレードを超えたパフォーマンスを発揮する。これからレースに挑戦しようと考えているビギナーや学生のレーサーなどにもおすすめできる即戦力のレースバイク。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Storm Silver

試乗車Sizes:49cm、試乗車Color(s):Storm Silver


NAOMI Link → スペック等詳細
2018年モデルとして新たにラインアップに加わった本格アルミロードバイクNAOMI。トラディショナルなホリゾンタルフレームは溶接箇所が入念にスムース処理が施され、各ケーブルはフレームに内蔵されたハイクラス設計。高剛性ストレートカーボンフォークは高速コーナリングでもしっかりとラインをトレースし、9kgを切る車体重量は軽快な走行フィールをもたらす。シマノSORAコンポーネントを基調にブラックパーツで統一してスタイリングを引き締め、競技用Oval conceptsパーツを採用した本格的なロードレーサーながらシンプルでスタイリッシュなデザインとカラーリングは、ライフスタイルにも自然と溶け込むオールインワンバイク。
Sizes:42cm,46cm,49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s):Polish Aluminum, Matte Black, Matte Gray/Blue

試乗車Sizes:42cm、試乗車Color(s):Matte Gray/Blue


RAFFISTA Link → スペック等詳細
エアロシェイプされたトップチューブが特徴の高強度フレームに、シマノACERAをメインにコンポーネントを統一することでワンランク上の走行性能はもちろんのこと、優れた操作性とメンテナンス性を実現。やや太めの32cタイヤを標準装備しており、多少の悪路を難なく走破する機動性と快適性もポイント。フレーム設計上2インチまでのタイヤ幅が装着可能なので、リジッドMTBのようなグラベルカスタムも可能。スタイリッシュなバイカラーが目を惹く全4色展開。
Sizes:15", 17", 19", 21"
Color(s):Charcoal Black, Rouge/Gray, Cool Navy, Urban Khaki

試乗車Sizes:15"、試乗車Color(s):Urban Khaki


BALLAD R Link → スペック等詳細
FUJIが誇るアーバンクロモリバイクの決定版バラッド。ドロップハンドル仕様のクラシカルでノスタルジックな佇まいは、ヴィンテージと見紛うほどの重厚感。ロードフレーム設計にデュアルコントロールレバー仕様のシマノ新型CLARIS搭載なので、シルキーでスムースなスポーツ走行をこなすところがポイント。全6サイズで女性でもちょうど良いサイズの選択が可能。
Sizes:43cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm
Color(s):British Green, Dark Night, Champagne Gold

試乗車Sizes:49cm、試乗車Color(s):Dark Night


FUJIのカラーオーダーサービス「REMIX」の展示車もご用意いたします。
*Link → FUJI REMIX スペシャルページ

[展示車] SL 3(フレーム) Sizes:54cm、Color(s):Gray



*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、名古屋サイクルトレンド 公式サイトをご覧下さい。

2018年2月2日金曜日

イベント出展のお知らせ(SAITAMA CYCLE EXPO 2018)

さいたまスーパーアリーナにおいて2月17日(土)・18日(日)の2日間にわたり開催されるSAITAMA CYCLE EXPO 2018(埼玉サイクルエキスポ2018)にブース出展しますので、お知らせいたします。



スポーツサイクルだけではなく、子供乗せ自転車、ミニベロや折り畳み自転車など様々な自転車が集まる埼玉サイクルエキスポが2月17日(土)・18日(日)の2日間、さいたまスーパーアリーナで開催されます。自転車メーカーをはじめとする出展者と直接話せるだけでなく、自転車グッズやウェアなどの買い物も楽しめる同イベントの開催は今回で5回目。子どもから自転車愛好者まで楽しめるステージイベントや、初心者から上級者まで学べるワークショップも盛りだくさん。会場隣接道路では、自転車の試乗も体験できます。入場は無料!日本最大級の自転車の祭典「埼玉サイクルエキスポ」に是非お越しください。

日 程:2018年2月17日(土)~18日(日)2日間
会 場:さいたまスーパーアリーナ *Link → アクセス
入場料:無料
主 催:埼玉サイクルエキスポ実行委員会(埼玉県、テレビ埼玉、FM NACK5、埼玉県サイクリング協会 ほか)
*Link → SAITAMA CYCLE EXPO 2018 公式サイト


会期中FUJIブースにご用意する試乗車は以下のとおりです。2017年アジアロードレースランキング1位のTEAM UKYOが使用する同型の軽量モデル「SL3.1」や、エアロロード「TRANSONIC2.5」、ライフスタイルモデルについても、街を軽快に走れるロードバイク「NAOMI」やその他クロスバイクなどをご用意し、計7台の試乗車にお乗りいただけます。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

SL 3.1 Link → スペック等詳細
軽量カーボンロードSLのシマノ新型アルテグラ を搭載した完成車パッケージ。フレームはC5ハイモジュラスカーボンフレーム仕様だがチェーンステートからBB、ダウンチューブにかけての剛性は上位機種の1.1に匹敵し、優れた加速性能をもたらす。ライドフィールはSL 1.1に比べて振動吸収性が高くコンペティションはもちろんのことエンデュランスにも適している。特にFC-440フルカーボンフォークは振動吸収性と路面追随性能が高い一方で、高速コーナーの安定性も高次元で実現する剛性を併せ持つ。多数採用するOVAL CONCEPTS パーツの中でもチェーンリングは冷間鍛造製法で作られており、変速性能はもとより耐久性、剛性の高さに定評がある。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Pewter

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Pewter


TRANSONIC 2.5 Link → スペック等詳細
シマノ105完成車グレードとなる2.5はC5ハイモジュラスカーボンとFC-440フォークを採用。上位グレードの1.1とプラットフォームを共有することでそのハイレベルな空力特性を継承。また、フレーム各部の剛性値においても1.1と同等で、基本性能を維持しながら優れたコストパフォーマンスとクラスを超えた軽さを実現。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Carbon/Silver

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Silver


ROUBAIX 1.3 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロード。2017年のモデルチェンジによってこれまでよりキレのあるライドフィールが特徴的。軽量カーボンロードSLと同じジオメトリーとBB規格が採用され、そのポテンシャルにさらなる磨きをかけた。クラストップレベルの軽さを誇るフレーム重量はカスタム次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。上位モデルとなる1.3はSHIMANO105仕様。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Black/Yellow, Matte Black/Red, Metallic Red/Black

試乗車Sizes:54cm、試乗車Color(s):Matte Black/Yellow


ROUBAIX 1.5 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロードのTiagra完成車仕様。上位グレードの1.3と全く同様のフレームスペックとフルカーボンフォークが採用されており、コンポーネントのグレードを超えたパフォーマンスを発揮する。これからレースに挑戦しようと考えているビギナーや学生のレーサーなどにもおすすめできる即戦力のレースバイク。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Storm Silver

試乗車Sizes:49cm、試乗車Color(s):Storm Silver


NAOMI Link → スペック等詳細
2018年モデルとして新たにラインアップに加わった本格アルミロードバイクNAOMI。トラディショナルなホリゾンタルフレームは溶接箇所が入念にスムース処理が施され、各ケーブルはフレームに内蔵されたハイクラス設計。高剛性ストレートカーボンフォークは高速コーナリングでもしっかりとラインをトレースし、9kgを切る車体重量は軽快な走行フィールをもたらす。シマノSORAコンポーネントを基調にブラックパーツで統一してスタイリングを引き締め、競技用Oval conceptsパーツを採用した本格的なロードレーサーながらシンプルでスタイリッシュなデザインとカラーリングは、ライフスタイルにも自然と溶け込むオールインワンバイク。
Sizes:42cm,46cm,49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s):Polish Aluminum, Matte Black, Matte Gray/Blue

試乗車Sizes:42cm、試乗車Color(s):Matte Gray/Blue


RAFFISTA Link → スペック等詳細
エアロシェイプされたトップチューブが特徴の高強度フレームに、シマノACERAをメインにコンポーネントを統一することでワンランク上の走行性能はもちろんのこと、優れた操作性とメンテナンス性を実現。やや太めの32cタイヤを標準装備しており、多少の悪路を難なく走破する機動性と快適性もポイント。フレーム設計上2インチまでのタイヤ幅が装着可能なので、リジッドMTBのようなグラベルカスタムも可能。スタイリッシュなバイカラーが目を惹く全4色展開。
Sizes:15", 17", 19", 21"
Color(s):Charcoal Black, Rouge/Gray, Cool Navy, Urban Khaki

試乗車Sizes:15"、試乗車Color(s):Urban Khaki


BALLAD R Link → スペック等詳細
FUJIが誇るアーバンクロモリバイクの決定版バラッド。ドロップハンドル仕様のクラシカルでノスタルジックな佇まいは、ヴィンテージと見紛うほどの重厚感。ロードフレーム設計にデュアルコントロールレバー仕様のシマノ新型CLARIS搭載なので、シルキーでスムースなスポーツ走行をこなすところがポイント。全6サイズで女性でもちょうど良いサイズの選択が可能。
Sizes:43cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm
Color(s):British Green, Dark Night, Champagne Gold

試乗車Sizes:49cm、試乗車Color(s):Dark Night




*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、SAITAMA CYCLE EXPO 2018 公式サイトをご覧下さい。

2018年1月26日金曜日

試乗会のお知らせ(RAMON BIKES)

2月3日(土)・4日(日)の2日間、東京・神田のRAMON BIKESにおいてFUJI 2018年モデル試乗会が開催されますので、お知らせいたします。



2月最初の週末は都内でFUJIを試乗するチャンス!最軽量カーボンモデルSLや、同じく最軽量アルミモデルのROUBAIXにも試乗いただけます。乗り比べなど納得のいく試乗体験にもお勧めですので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。

日程:2018年2月3日(土)・4日(日)
時間:12:00〜16:00
場所:RAMON BIKES(ラモーンバイクス)
   東京都千代田区外神田2-10-9 *Link → 店舗情報・アクセス

事前にこちらのページの「注意事項」欄を必ずご覧ください。
*Link → 店舗試乗会告知


当日ご用意するFUJIの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

SL 1.1 Link → スペック等詳細
並外れた剛性、優れたライドフィールとハンドリング性能を備えた世界最軽量バイクを作るというコンセプトを基に開発したバイク。SL ELITE は優れたジオメトリーと高剛性、そして究極の軽さが素晴らしい乗り味をもたらすことはもちろんのこと、楕円断面の極細シートステーによってもたらされる振動吸収性、そしてハイコンパクション製法によって作られるフレームがもたらす優れた弾力は、格別のレーシングフィールを演出する。
優れたコストパフォーマンスと圧倒的な軽さの高次元での両立は、所有するライダーを選ぶことなくその性能を100% 引き出すことが出来る。
Sizes:46cm , 49cm , 52cm , 54cm , 56cm
Color(s):Matte Carbon/Red

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Red


TRANSONIC 2.5 Link → スペック等詳細
シマノ105完成車グレードとなる2.5はC5ハイモジュラスカーボンとFC-440フォークを採用。上位グレードの1.1とプラットフォームを共有することでそのハイレベルな空力特性を継承。また、フレーム各部の剛性値においても1.1と同等で、基本性能を維持しながら優れたコストパフォーマンスとクラスを超えた軽さを実現。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Carbon/Silver

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Silver


ROUBAIX 1.3 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロード。2017年のモデルチェンジによってこれまでよりキレのあるライドフィールが特徴的。軽量カーボンロードSLと同じジオメトリーとBB規格が採用され、そのポテンシャルにさらなる磨きをかけた。クラストップレベルの軽さを誇るフレーム重量はカスタム次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。上位モデルとなる1.3はSHIMANO105仕様。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Black/Yellow, Matte Black/Red, Metallic Red/Black

試乗車Sizes:46cm、試乗車Color(s):Matte Black/Red


NAOMI Link → スペック等詳細
2018年モデルとして新たにラインアップに加わった本格アルミロードバイクNAOMI。トラディショナルなホリゾンタルフレームは溶接箇所が入念にスムース処理が施され、各ケーブルはフレームに内蔵されたハイクラス設計。高剛性ストレートカーボンフォークは高速コーナリングでもしっかりとラインをトレースし、9kgを切る車体重量は軽快な走行フィールをもたらす。シマノSORAコンポーネントを基調にブラックパーツで統一してスタイリングを引き締め、競技用Oval conceptsパーツを採用した本格的なロードレーサーながらシンプルでスタイリッシュなデザインとカラーリングは、ライフスタイルにも自然と溶け込むオールインワンバイク。
Sizes:42cm,46cm,49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s):Polish Aluminum, Matte Black, Matte Gray/Blue

試乗車Sizes:54cm、試乗車Color(s):Polish Aluminum



*試乗車は事情により変更させていただく場合があります。
*試乗会の詳細についてはRAMON BIKESまでお問い合わせください。
*FUJI 2018ニューモデルの大規模な試乗会ツアー「TEST RIDE TOUR 2017-2018」の開催スケジュールについては、こちらをご覧ください。

2018年1月24日水曜日

試乗会のお知らせ(Pedalist)

1月27日(土)・28日(日)の2日間、横浜市のPedalistにおいてFUJI 2018年モデル試乗会が開催されますので、お知らせいたします。



「TEST RIDE TOUR 2018」が横浜で初開催。今回は車体の販売、メンテナンス、カスタマイズ以外にもフィッティング、レース、イベント参加、練習会、走行会、ツーリング等に積極的に取り組むほか、トレーニング機材を設置したトレーニングルームで、レベルと目的に合わせたスクールやプライベートレッスンまで行っているサイクルショップ「Pedalist」での開催となります。

FUJIを代表するレーシングモデルや人気のNAOMIにも試乗するチャンスです。軽量アルミモデルのROUBAIXは、これからロードバイクを始める方にもお勧めのモデルです。是非この機会にご来店ください。

日程:2018年1月27日(土)・28日(日)
時間:10:00〜16:30 *詳細は直接店舗へお問い合わせください
場所:Pedalist(ペダリスト)
   神奈川県横浜市磯子区久木町17-7 桑名ビル *Link → アクセス


当日ご用意するFUJIの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

SL 1.1 Link → スペック等詳細
並外れた剛性、優れたライドフィールとハンドリング性能を備えた世界最軽量バイクを作るというコンセプトを基に開発したバイク。SL ELITE は優れたジオメトリーと高剛性、そして究極の軽さが素晴らしい乗り味をもたらすことはもちろんのこと、楕円断面の極細シートステーによってもたらされる振動吸収性、そしてハイコンパクション製法によって作られるフレームがもたらす優れた弾力は、格別のレーシングフィールを演出する。
優れたコストパフォーマンスと圧倒的な軽さの高次元での両立は、所有するライダーを選ぶことなくその性能を100% 引き出すことが出来る。
Sizes:46cm , 49cm , 52cm , 54cm , 56cm
Color(s):Matte Carbon/Red

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Red


TRANSONIC 2.5 Link → スペック等詳細
シマノ105完成車グレードとなる2.5はC5ハイモジュラスカーボンとFC-440フォークを採用。上位グレードの1.1とプラットフォームを共有することでそのハイレベルな空力特性を継承。また、フレーム各部の剛性値においても1.1と同等で、基本性能を維持しながら優れたコストパフォーマンスとクラスを超えた軽さを実現。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Carbon/Silver

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Silver


ROUBAIX 1.3 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロード。2017年のモデルチェンジによってこれまでよりキレのあるライドフィールが特徴的。軽量カーボンロードSLと同じジオメトリーとBB規格が採用され、そのポテンシャルにさらなる磨きをかけた。クラストップレベルの軽さを誇るフレーム重量はカスタム次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。上位モデルとなる1.3はSHIMANO105仕様。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Black/Yellow, Matte Black/Red, Metallic Red/Black

試乗車Sizes:46cm、試乗車Color(s):Matte Black/Red


NAOMI Link → スペック等詳細
2018年モデルとして新たにラインアップに加わった本格アルミロードバイクNAOMI。トラディショナルなホリゾンタルフレームは溶接箇所が入念にスムース処理が施され、各ケーブルはフレームに内蔵されたハイクラス設計。高剛性ストレートカーボンフォークは高速コーナリングでもしっかりとラインをトレースし、9kgを切る車体重量は軽快な走行フィールをもたらす。シマノSORAコンポーネントを基調にブラックパーツで統一してスタイリングを引き締め、競技用Oval conceptsパーツを採用した本格的なロードレーサーながらシンプルでスタイリッシュなデザインとカラーリングは、ライフスタイルにも自然と溶け込むオールインワンバイク。
Sizes:42cm,46cm,49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s):Polish Aluminum, Matte Black, Matte Gray/Blue

試乗車Sizes:54cm、試乗車Color(s):Polish Aluminum


*試乗車は事情により変更させていただく場合があります。
*試乗会の詳細についてはPedalistまでお問い合わせください。
*FUJI 2018ニューモデルの大規模な試乗会ツアー「TEST RIDE TOUR 2017-2018」の開催スケジュールについては、こちらをご覧ください。

2018年1月10日水曜日

試乗会のお知らせ(Y's Road京都店)

1月17日(水)から24日(水)までの8日間、Y's Road京都店においてFUJI 2018年モデル試乗会が開催されますので、お知らせいたします。



「TEST RIDE TOUR 2018 in 京都」が開催! FUJI 2018年モデルを京都で試乗するチャンスです。最軽量カーボンロードSLから話題のニューモデルNAOMIまでFUJIのロードバイクに試乗いただけます。8日間開催いたしますので、この機会にぜひワイズロード京都店へお立ち寄りください!

日程:2018年1月17日(水)〜24日(水)
場所:Y's Road京都店
   京都市中京区裏寺町595グランレジェイド京都河原町1F *Link → 店舗情報・アクセス
*店舗周辺は時間帯により自転車の通行規制が行われています。自転車でご来店の方は上記「店舗情報・アクセス」ページをご確認のうえ、規制対象道路では押し歩きでお越しください。


期間中ご用意するFUJIの試乗車は以下のとおりです。
*車体画像はイメージです。実際の試乗車の仕様とは異なります *車体画像クリックで拡大

SL 1.1 Link → スペック等詳細
並外れた剛性、優れたライドフィールとハンドリング性能を備えた世界最軽量バイクを作るというコンセプトを基に開発したバイク。SL ELITE は優れたジオメトリーと高剛性、そして究極の軽さが素晴らしい乗り味をもたらすことはもちろんのこと、楕円断面の極細シートステーによってもたらされる振動吸収性、そしてハイコンパクション製法によって作られるフレームがもたらす優れた弾力は、格別のレーシングフィールを演出する。
優れたコストパフォーマンスと圧倒的な軽さの高次元での両立は、所有するライダーを選ぶことなくその性能を100% 引き出すことが出来る。
Sizes:46cm , 49cm , 52cm , 54cm , 56cm
Color(s):Matte Carbon/Red

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Red


TRANSONIC 2.5 Link → スペック等詳細
シマノ105完成車グレードとなる2.5はC5ハイモジュラスカーボンとFC-440フォークを採用。上位グレードの1.1とプラットフォームを共有することでそのハイレベルな空力特性を継承。また、フレーム各部の剛性値においても1.1と同等で、基本性能を維持しながら優れたコストパフォーマンスとクラスを超えた軽さを実現。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Carbon/Silver

試乗車Sizes:52cm、試乗車Color(s):Matte Carbon/Silver


ROUBAIX 1.3 Link → スペック等詳細
FUJIが誇るハイエンドアルミロード。2017年のモデルチェンジによってこれまでよりキレのあるライドフィールが特徴的。軽量カーボンロードSLと同じジオメトリーとBB規格が採用され、そのポテンシャルにさらなる磨きをかけた。クラストップレベルの軽さを誇るフレーム重量はカスタム次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。上位モデルとなる1.3はSHIMANO105仕様。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Matte Black/Yellow, Matte Black/Red, Metallic Red/Black

試乗車Sizes:46cm、試乗車Color(s):Matte Black/Red


NAOMI Link → スペック等詳細
2018年モデルとして新たにラインアップに加わった本格アルミロードバイクNAOMI。トラディショナルなホリゾンタルフレームは溶接箇所が入念にスムース処理が施され、各ケーブルはフレームに内蔵されたハイクラス設計。高剛性ストレートカーボンフォークは高速コーナリングでもしっかりとラインをトレースし、9kgを切る車体重量は軽快な走行フィールをもたらす。シマノSORAコンポーネントを基調にブラックパーツで統一してスタイリングを引き締め、競技用Oval conceptsパーツを採用した本格的なロードレーサーながらシンプルでスタイリッシュなデザインとカラーリングは、ライフスタイルにも自然と溶け込むオールインワンバイク。
Sizes:42cm,46cm,49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s):Polish Aluminum, Matte Black, Matte Gray/Blue

試乗車Sizes:54cm、試乗車Color(s):Polish Aluminum



*試乗車は事情により変更させていただく場合があります。
*試乗会の詳細についてはY's Road京都店までお問い合わせください。
*FUJI 2018ニューモデルの大規模な試乗会ツアー「TEST RIDE TOUR 2017-2018」の開催スケジュールについては、こちらをご覧ください。